メキシコでの産休の週数の増加が承認されました

メキシコでの産休の週数の増加が承認されました

数ヶ月前、私たちは 世界のさまざまな国での産休、ヨーロッパとラテンアメリカの両方、その中にメキシコがありました。 現在、この国では、連邦労働法で規定されている産休は84日であり、しばらくの間それを延長することが提案されています。

今週、プレスリリースを通じて、 メキシコ上院は、産休の週数の延長が承認されたと報告した、母親はさらに2週間持つことができます。

ジェンダー平等委員会、マルタ・ルシア・ミッチェル上院議員が議長を務める メキシコの産休の週の延長を満場一致で承認した、連邦労働法の第70条を修正する意見を通じて。

この意見は、現在働いている母親がより長い産休を取得する権利があることを証明している。出産の7週間前とこの7週間後、合計で メキシコでの産休の98日(3か月強).

前述したように、この現在の国での産休は84日(配達の6週間前、配達の6週間後)で、配達の数週間後に転勤を選択する可能性があります。 新しい意見では、 母親は、赤ちゃんが生まれた後、出産前の7週間のうちの5週間まで転送できます。.

出産休暇の延長に加えて、意見は、赤ちゃんが何らかのタイプで生まれた場合 障害または特別な医療、産休は出産後14週間まで、対応する医療文書を提示します。

しかし 朗報です、まだまだ先は長いです 母親に提供できる産休を取得するために 少なくとも6ヶ月 出産後の赤ちゃんと一緒に、しかしそれが最終的に現実になることを願っています。

写真| iStock
経由| 共和国上院